庭で家庭菜園を楽しめるエクステリア工事のポイント

庭に家庭菜園を作り、収穫した食材でご飯を作ることを楽しむ方は多くいらっしゃいます。エクステリアに家庭菜園ができるスペースを作ると、子どもの食育や、家族の健康増進にも大きくつながる庭になりますね。理想の家庭菜園をエクステリアに作るには、理想とする家庭菜園のイメージを具体的にすることが重要です。この記事では、エクステリアに家庭菜園を作るメリットや、設計する際のポイントをご紹介します。

 

家庭菜園ができるエクステリアを作るメリット

エクステリアに作る家庭菜園は、子どもの食に対する知識と、食を選択する力を育てる、食育に役立ちます。家庭菜園で自分が作る食べ物を観察し育てる経験は、どうしたら美味しく育つのかなど、子どもの知ろうとする力を呼び起こし、調べ解決する力を培えるためです。食べ物を育てるには工夫や知識が必要で、簡単なことではないと自分の家で身近に感じられると、今まで当たり前に食べてきた野菜をはじめ、食べ物を作ってくれる人への感謝の気持ちが育ち、精神的な成長も促せます。自分が心を込めて作った野菜に愛着を持ったら、苦手だった野菜も食べてみようという気持ちがわくかもしれません。また、自宅のエクステリアで身近に接する野菜作りは、創意工夫を重ね知的好奇心を日常的にくすぐることで、子どもが研究者に進む未来も考えられます。

 

家庭菜園ができるエクステリアを作るメリットには、家庭菜園がもたらす適度な運動と健康増進もあげられます。生活の質の向上や健康の増進を目指す、園芸療法という言葉がある通り、食物や植物を育てることは、体の調子と心の状態を整える効果があるためです。エクステリアの家庭菜園で、土の上に立ち、水をまくなど作業すること自体に運動効果があります。同時に、人間の免疫維持に必要なビタミンDは、太陽光に含まれる紫外線を浴びると生成されます。また、エクステリアで楽しみながら食物と触れ合える家庭菜園は、土や植物に直接触れたりニオイをかいだりして五感が刺激され、達成感や満足感をはじめ精神的な好調にもつながるでしょう。家庭菜園をエクステリアに作り、食物を育てるには知識や経験が必要ですが、無農薬で作ると健康にもよい野菜を収穫できます。

 

エクステリアに家庭菜園を設計するときのポイント

エクステリアに家庭菜園を設計するときは、自分や家族だけで管理できる現実的な面積を考え、どのようなエクステリアにしたいか、具体的な理想をエクステリア業者に伝えましょう。管理できる広さと理想の明確化は、エクステリアに家庭菜園を作る際の大前提のポイントです。経験が少ない状態で、エクステリアに面積が大きい家庭菜園を作ろうとすると、管理しきれなくなったり、家庭菜園にかける時間が増えすぎてしまったりするため、注意しないといけません。また、エクステリアに理想の家庭菜園を作る際は、理想を言語化してしっかりと業者へ伝えると、エクステリア業者もイメージの共有が容易になります。

 

日照時間と排水性を考慮する

エクステリアに家庭菜園の専用エリアを作る際、まず考えることは、家庭菜園に使おうとするエリアの日照時間と排水性です。食物を含め植物は、成長するために太陽光がエネルギーとなり、欠かせないためです。また、植物は水はけのよい場所を好むため、エクステリアに作る家庭菜園は、日がよく当たり、かつ水はけのよい場所を選択しましょう。太陽光を好む植物でも、西日が強く当たりすぎると野菜にダメージを与えかねません。エクステリアのどの位置に家庭菜園を作ったら、日中の太陽光が当たるのか考慮が必要です。

 

土壌改良の必要性を確認する

エクステリアの土壌が、植物の育成に適しているか、そもそも育てられる土なのか確かめるために、土壌の調査が必要です。家を建てる時、地盤の強度を増すためにセメント系固化材が使用されるケースもありますが、家庭菜園の土としては適していません。改良が必要な際は、植物を植えても成長が抑制されるため、エクステリア業者に家庭菜園で使うことを必ず共有しましょう。また、地面の下には、水道管や下水管をはじめ配管設備がはっているので、調査をする時は、迷わずエクステリア業者にご依頼ください。

 

泥が飛んでも清掃が容易な設計にする

家庭菜園の周囲のエクステリアは、泥が飛んでも清掃が容易な設計や素材の選択が重要です。家庭菜園で作業をしていると、どうしても泥はねなどの汚れが周囲のエクステリアに付着します。水で簡単に汚れを落とせるエクステリアなら問題ありませんが、必ずしもすべてが同じ条件とは限りません。清掃しやすいエクステリアを選択すると解決します。たとえば、家庭菜園の周囲のエクステリアの素材に石材を選ぶと、野菜についた土が石に落ちると清掃が大変です。しかし、エクステリアの素材にタイルを選択すると、簡単に水で流せるため清掃が容易です。

 

水を供給できる設備を近くに置く

太陽光と同様に、水は食物の成長に欠かせないため、家庭菜園の近くに給水できる設備があるとスムーズに水やりができます。遠い場所から水をもってくるとなると、家庭菜園のお手入れが面倒になったり、動線が悪くなったりして、よいことがありません。また、立水栓は、家庭菜園だけではなく、エクステリアの清掃や洗車、汚れた手足を洗い流す際に役立ちます。

 

移動のしやすさや導線を検討する

動線の確保は、エクステリアをデザインする際のの重要な要素のひとつです。エクステリアにある家庭菜園の場合、出入りできる場所や道具を置いている収納スペースとのアクセスが悪いと、作業自体が面倒になり得ます。また、家庭菜園がエクステリアにおいて、動線を妨げる原因になってしまうケースも考えられます。エクステリアにおける家庭菜園の位置取りは、動きやすさが大切です。

 

リビングからの眺めを考える

リビングから見える景色は美しいエクステリアが理想的で、リビングから家庭菜園が見えてもすてきですが、注意が必要です。野菜を収穫した後や植物が育つ前は、見た目が少し寂しいと感じる方もいるでしょう。リビングは、一般的に日当たりのよい南側へ設計することが多く、家庭菜園も日中の太陽光が届く場所が適しています。どうしても家庭菜園と周囲のエクステリアに差を感じる場合は、窓から見える中心より少しずらした場所に作ると、効果的です。

 

スタンプコンクリートを取り入れたおしゃれな庭づくり

家庭菜園をおしゃれにしたい場合は、家庭菜園やエクステリアに使う素材や見せ方にこだわってみましょう。家庭菜園自体について、機能面だけではなく見た目にもこだわりたい際は、枕木やレンガが有効です。たとえば、家庭菜園と周囲のエクステリアとの仕切りに枕木を使用したり、レンガで家庭菜園を囲ったりすると、おしゃれな家庭菜園になります。また、プランターを安価なプラスチック製ではなく、素焼きなど素材にもこだわって選定すると、さらに雰囲気に磨きがかかるでしょう。

おしゃれな庭づくり・エクステリアづくりにしたいなら、家庭菜園そのものも重要ですが、家庭菜園を取り囲むエクステリア空間全体の具体的なイメージも大切です。家庭菜園だけをおしゃれにしても、エクステリア全体の環境を考えないと、家庭菜園だけ浮いてしまい、エクステリアの統一感に欠けてしまいます。エクステリアと調和する空間を作り上げるには、家庭菜園の周りに、汚れがついても水で流せるスタンプコンクリートを敷くとよいでしょう。スタンプコンクリートとは、コンクリートに柄や模様がついた型をあて、レンガやタイルをはじめ、実物の素材感や風合いを表せるコンクリートです。

スタンプコンクリートには、「隠す」から「魅せる」エクステリア工事への要望が高まっている現状を受け、さまざまな種類が展開されており、また、デザイン性が高いものが多いため、おしゃれなエクステリアが完成します。使用している柄や模様が刻まれた型は、ビンテージウッドやフレンチグラニットをはじめ、非常に精工であり、本物と遜色ない仕上がりになるでしょう。本物の木やレンガでは、ひび割れなどの不具合が経年劣化により発生しますが、当社が施工するスタンプコンクリートは、耐久性が高いコンクリートを使用しているため、メンテナンスの頻度が高くありません。本物のレンガや石材などと比較して、スタンプコンクリートは施工期間が短いため、コストカットも可能です。多くのバリエーションやカラーが展開され、自由にデザインを選択できるスタンプコンクリートを家庭菜園の周りに敷くことで、家庭菜園やエクステリアをより華やかに彩りよくおしゃれにできます。

 

家庭菜園ができるエクステリアの工事事例

吉村建設では、エクステリア工事の専門業者として、エクステリアに家庭菜園を作る際の知識と実績があります。おしゃれな家庭菜園をエクステリアに作りたい方は、ぜひ参考にしてください。

 

毎日お手入れが楽しめる庭

きれいな花壇と色彩豊かな花も魅力的なお庭に、スタンプコンクリートを用いたエクステリア工事の施工事例です。レンガや石材との色合いもマッチする、コーヒーブラウンのスタンプコンクリートを施し、エクステリアのブラウンが、太陽光を浴びる植物の緑を美しく際立たせています。アクセントとして配置した、ライトと足元のコンパス型のスタンプコンクリートが、洋風なエクステリアのテイストを演出し、エクステリアのオリジナリティを引き出しています。日々の草取りにも悩んでいらっしゃいましたが、スタンプコンクリートを敷いたことで草取りの手間が省け、庭のお手入れに十分な時間を使えるお庭としても仕上がりました。

ガーデニングの素敵なお家の悩み🥺

 

まとめ

家庭菜園をエクステリアに作ると、子どもの食育や家族の健康増進をはじめ、生活の質を向上されられます。家庭菜園を設計する際は、さまざま考えるポイントがありますが、理想の家庭菜園を目指すには欠かせません。具体的にイメージをふくらませることが、おしゃれな家庭菜園への第一歩です。吉村建設では、エクステリアでの家庭菜園づくりをご提案しています。当社のエクステリア工事にご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

 

お問い合わせバナー