香川県の外構工事は自社施工すべき?自社施工をするメリットと強み

理想の外構づくりにはデザイン性に加え、ライフスタイルに合う利便性の高さ、メンテナンスのしやすさなどの機能性も欠かせません。しかし、外構工事を担う会社の数に対し、デザイン性と機能性の両方を叶える会社は少ないのが現状です。理想を形にするには、豊富な知識とスキルのある会社選びが重要です。この記事では、自社施工と下請け施工の違いや、自社施工の強みをご紹介します。

 

外構工事における自社施工と下請け施工の違い

外構工事の依頼先を選ぶ際は、まず自社施工か下請け施工かを検討しましょう。大きな違いは、外構工事を実施する形態です。自社施工する会社はお客さまから直接受注し、打ち合わせや設計、施工、工事完了までを一貫して自社の従業員が行います。新築で外構工事を依頼する場合は、建物の配置や仕様が決定した段階で外構工事の打ち合わせを開始します。外構工事を実施する職人が、直接お客さまの要望をヒアリングし、専門的な知識や経験を活かした提案をしながら打ち合わせを進める流れが一般的です。

 

一方、下請け施工はお客さまと会社の間に下請け業者が入って工事を実施する形態です。会社は外構工事全体の請負会社としてお客さまと契約を結び、必要な工事の一部を下請け業者に委託します。下請け施工する会社は、大手ハウスメーカーや工務店、大手リフォーム会社などがあげられます。下請けとしての依頼先は、主に建築会社や造園・外構工事店、自営の造園・外構職人です。ハウスメーカーや工務店で建物と外構工事を依頼する場合、お客さまとの打ち合わせは営業担当者が建物とまとめて行います。打ち合わせ内容やお客さまからの要望、疑問点は、営業担当者から下請け業者に伝えられるため、実際に施工する職人とお客さまが直接連絡を取る必要はありません。

 

リフォーム会社に外構工事を依頼する場合、リフォーム会社が現地調査や打ち合わせを実施します。現地調査は、業者が実際に建物や外構周りを確認する工程です。土地の広さや土地の形状から実現できる外構工事、適切な素材などを判断し、図面や見積りに反映させます。ただし、リフォーム会社で働くために必要な資格はないため、専門的な知識のある方が行うとは限りません。知識のある方に相談しながら外構工事の内容を決めたい場合は、事前に有資格者がいるかを問い合わせておきましょう。打ち合わせ内容やお客さまからの要望は、リフォーム会社を通して下請け業者に伝えられる仕組みです。

外構工事を自社施工するメリット

はじめての外構工事はわからないことが多く、どこを重視して会社選びをすればいいか迷うでしょう。外構工事で不安になりやすいポイントと合わせて、自社施工するメリットを知っておくことで、不安を払拭できます。

 

施工費用を抑えられる

自社施工する会社は営業から設計、施工をはじめとし、材料の手配などもすべて自社で行うため、ハウスメーカーやリフォーム会社などの下請け施工のように仲介手数料が発生しません。仲介手数料が上乗せされない分、外構工事の料金設定が適正価格になっており、経済的に安心できます。下請け施工する会社でも工事費用を値引きする場合がありますが、仲介手数料ではなく材料のグレードを下げて安くするケースもあるので注意が必要です。もちろん、自社施工でも会社によって料金設定に差はあります。自社施工でも下請け施工でも、内訳が詳しく記載されている見積書をもらい、どの材料で見積りが作られているかを確認しましょう。

 

職人と意思疎通が図りやすい

自社施工する会社は、お客さまと外構工事を担う職人が意思疎通を図りやすい点が特徴です。営業担当者を通さず直接会話ができるため、お客さまの意図や想いが外構工事に反映されやすくなり、認識のズレも防げます。下請け会社は、お客さまと職人の間に営業担当者が入り伝達する仕組みです。建物と外構工事の打ち合わせを同時にできて、時間や手間がかからない点はメリットですが、直接職人と話せないため、お客さまの意図が伝わらずトラブルになるリスクは高まります。伝達の食い違いが重なると不安が募り、大きなストレスになるでしょう。自社施工は直接職人とやりとりを交わすことで信頼関係ができ、安心して外構工事を任せられるメリットがあります。

 

工事内容の変更や不明点へのレスポンスが早い

自社施工ではお客さまと施工する職人が直接連絡できるため、工事内容の変更点や疑問点へのレスポンスが早く、柔軟な対応が期待できます。外構工事は一生に何度も行うものではないため、打ち合わせ後に不安になったり、考えが変わったりすることも少なくありません。再度説明を受けたい事項が出てくることもあるでしょう。下請け施工で外構工事する場合、営業担当者を通すため、下請け業者からの返答に時間を要します。たとえば、工事内容を変更したいといった状況で返事が遅いと、変更可能かわからないまま不安で過ごすことになります。確認に時間がかかると、外構工事の進捗が遅れて工期が長引く事態にもつながりかねません。スムーズに相談できて不安が取り除けるのは、仲介業者がいない自社施工ならではのメリットといえるでしょう。

 

外構工事を自社施工するデメリット

新築の外構を自社施工する場合、家の建設から外構工事完了までの期間が長くなります。大手ハウスメーカーやリフォーム会社は、建物の引き渡しに合わせて外構工事も完了します。しかし、外構工事を別の会社に依頼する場合、外構の着工は住宅の完成や引き渡しを待つのが一般的です。引き渡し前の住宅はハウスメーカーの所有物であるためです。新築への引越しを遅らせる、生活しながら外構工事するなどの判断が必要になります。

 

打ち合わせの手間や時間がかかることも理解しておきましょう。大手ハウスメーカーやリフォーム会社に依頼すると、建物の打ち合わせとまとめて外構工事も相談できるため手間が少なくなります。自社施工でも、打ち合わせ時間に融通が利く会社を選ぶ、行き来がしやすい距離の会社を選ぶと負担なく進められます。

 

自社施工は会社によって得意な工事が異なり、専門的な知識やスキルに差が出るため、良い会社を見極めなくてはなりません。一方、大手ハウスメーカーやリフォーム会社などは、一定の品質が保証されることが特徴です。ただし、下請け施工は資格の有無を問わない営業担当者との打ち合わせになることが多く、専門性の高い知識や経験を踏まえた提案を求めるのは難しい傾向です。下請け施工で、突出した華やかなデザインや家族のライフスタイルに合う機能性を求めるなら、こだわりたいポイントを具体的に説明できるように調べておきましょう。

 

外構工事を自社施工する吉村建設の強み

外構工事は決して安価ではなく、1度行うとやり直しは難しい工事です。外構工事にこだわり、家族のライフスタイルを充実させるなら、豊富な知識やスキルのある信頼できる会社選びが大切です。当社はヒアリングから設計、施工、工事完了まで、一貫して自社施工にこだわっています。デザイン性と機能性をあわせ持つ外構空間づくりで、お客さまの理想を実現します。

 

豊富な実績からわかる施工スキル

自社施工は会社によって技術差が大きいため、会社選びが重要です。当社は2012年の創業以来、香川県高松市を中心に数多くの外構工事を自社施工してきました。お客さま1人ひとりのご要望に寄り添い、理想的なデザインを実現し続けるため、徹底して施工技術にこだわり続けています。安心してお任せいただけるように、ホームページにて外構工事の施工事例を掲載しています。参考にしていただき、ご家族の理想の外構イメージを広げてください。高い技術が必要なスタンプコンクリートやコンクリートの打放しを取り入れた外構工事の実績も豊富です。人工芝や植栽との掛け合わせたデザインや、子どもが安全にのびのびと遊べる機能性など、自社施工ならではの知識と技術で、自由に描くご家族の理想の未来にお応えします。

 

安心できる詳細な見積書

見積書の内訳に納得できるかは、お客さまと会社が信頼関係をつくるうえで非常に大切だと考えています。当社が提出する見積書は、外構工事一式とまとめられたものではなく、使用する材料や数量、価格までを細かくわけて費用を算出したものです。見積書を一目見れば、外構工事の何にどのくらいの費用がかかっているのかがすぐにわかります。仕様を変更する際も予算の変動が確認しやすいため、金銭面での不安を解消しながら打ち合わせを進められます。

 

ヒアリング・プランニング力

納得のいく外構デザインの実現には、丁寧にヒアリングしてお客さまのライフスタイルに合った提案をすることが重要です。当社ではお客さまの好みのデザインを理解するだけでなく、外構工事に関する知見や長年の経験をもとに、毎日快適に使用するための機能性を高める提案が可能です。例えば、小さな子どもの育児の負担に悩んでいるなら、車のトランクの開けやすさやベビーカーやおむつのストックなどを玄関までスムーズに持っていける導線を検討します。デザイン性と機能性が融合したご家族にぴったりの理想的な外構を一緒に考えましょう。一貫して自社施工であることはもちろん、実際に施工する担当者がヒアリングするため、感性やイメージを直接擦り合わせて、お客さまとの認識のズレを防げます。

 

外構工事中の安心感

長く住み続ける住宅なら、ご近所付き合いまで視野に入れ、外構工事を進めることも大切です。工事中の職人のマナーの悪さからご近所トラブルにつながると、いくら外構工事にこだわっても居心地の良い暮らしは実現できません。職人の態度や工事現場の雰囲気が良いと、お客さまが外構工事の様子を見学しやすくなるメリットもあります。当社では現場スタッフのマナー教育を徹底。近隣住民に悪い印象を与えないような配慮や、お客さまがいつでも気軽に立ち寄り、外構工事の過程を確認できる雰囲気づくりに努めています。さらに、作業員は全員自社スタッフのため、ご質問にもきちんと作業内容を把握したうえで返答可能です。外構工事中に変更したい点や確認事項が出た際も、速やかに連携を取り対応いたします。

 

ものづくりを通じてお客さまに感動を

当社は香川県にある土木・エクステリア・外構工事などを自社施工で請け負う会社です。「ものづくりを通じてお客さまに感動してもらえるような会社」を経営理念としています。お客さまの想いに応え、期待以上の外構に仕上げる使命を全うするには、お客さま目線で考えることがなによりも大切だと考えています。お客さま目線で考え続けるからこそ、満足度の高い外構工事はもちろん、見積り時や工事中の安心感などの配慮が行き届きます。ものづくりを通してお客さまに感動を与えられるのが外構工事の魅力です。外構工事のプロとしてやりがいや自信を持ち、今後もお客さまの心に寄り添う外構工事に努めていきます。

 

当社の理念や仕事内容は、こちらの記事もご覧ください。
https://yoshimurakensetsu.com/blog/exterior_050/

まとめ

理想の外構を実現するためには、自社施工と下請け施工の違いやメリット・デメリットを知ったうえでの会社選びが重要です。吉村建設は香川県内で自社施工ならではの強みを活かし、お客さまの家族構成や理想のライフスタイル、悩みに寄り添った外構空間づくりをします。外構工事に悩んだら、お気軽に当社へご相談ください。デザイン性と機能性を両立する外構工事で、家族の理想のライフスタイルを叶えましょう。

 

お問い合わせバナー