【外構工事】オープンガーデンがおすすめな人と魅力を引き出す工夫をご紹介

近年人気の高い外構といえばオープンガーデン!明るく開放的な雰囲気を求めて依頼される方が多いです。しかし、必ずしもオープンガーデンがご家族のライフスタイルに合うとは限りません。この記事では、オープンガーデンがどのような人に向いているのか、オープンガーデンの魅力をさらに引き出すための外構アイデアなどご紹介します。

 

開放感のあるオープンガーデン

オープンガーデンとは、その名の通り「開かれた」雰囲気が魅力の外構です。建物の周囲を塀やフェンスなどで囲わず、外部から建物の全貌を見ることができます。
かつては敷地の外周を囲って建物を見えなくするクローズド外構が主流でしたが、近年の分譲地の増加にともない、オープンガーデンが選ばれるようになってきました。
敷地面積が狭い一戸建て住宅は、塀やフェンスなどを取りつけるとそれだけで住宅部分が狭くなってしまいます。単純なスペースの問題だけでなく、見た目にも圧迫感や狭さを感じることがあるでしょう。

 
これらの理由から、最近開発された分譲地や、土地が狭い地域などでは、オープンガーデンを採用する人が増えています。実際、街中でオープンガーデンの住宅を目にする機会は多く、インターネットでも多くの施工例が見受けられます。外構工事を検討している方にとって、イメージを膨らませる材料は多いに越したことはないでしょう。

オープンガーデン

オープンガーデンが人気の理由

敷地を広く見せられることだけが、オープンガーデンの魅力ではありません。人気の理由について、さらに詳しく解説します。

 

外構工事の費用が抑えられる

オープンガーデンは、クローズド外構と比較して使用するエクステリアが少ないのが特徴です。ブロックやフェンスなど、高額になりがちな建材が必要ないため、工事費用を大幅に抑えられます。

工事の時だけでなく、住みはじめてからのメンテナンス費用もかからないため、維持費もリーズナブルです。

 

視線を遮るものがないため開放感がある

オープンガーデン最大の魅力は、なんといっても開放感があることです。外から見た時に視線を遮るものがないため、圧迫感が軽減され広がりを感じます。

風通しがよく心地よい開放感は、家のなかにいても味わえます。囲いがないことで部屋のなかに自然光をたっぷり取り入れられ、日当たり抜群の空間で暮らしを営めるでしょう。

 

狭小住宅でも敷地が広く見える

塀やフェンスなどの囲いを取り払ったオープンガーデンは、空間の広さを感じさせる外構です。

あまり敷地が広くない場合や狭小住宅の場合でも、窮屈な印象を払拭することが可能。スペースを最大限に活用した生活が実現します。

 

防犯性に優れている

敷地内と敷地外の境目が分かりづらいオープン外構は、一見安易に侵入できるように思えます。

しかし不審者の心理として、怪しい行動を目撃されたら困るため、隠れる場所が少ない家への侵入はハードルが高いのです。意外にも防犯性は高い外構といえます。

 

オープンガーデンはこんな家庭におすすめ!

オープンガーデンは、家族構成や趣味嗜好、性格などによって向き不向きがあります。ここでは、オープンガーデンが向いている人の特徴についてご紹介します。

 

近所の方と積極的に交流したい

囲いのないオープンガーデンは、庭先や玄関先でご近所の方と顔を合わせる機会が増えます。道行く方に対してオープンな印象を与えられ、会話がはずむでしょう。地域の方とのコミュニケーションを円滑にする外構です。

 

ある程度大きい子どもがいる

オープン外構のデメリットとして、子どもが小さいと簡単に敷地外に出てしまうことがあげられます。クローズド外構のように柵となるものがないため、飛び出し事故には十分な注意が必要です。子どもの成長とともに自分の安全は自分で守れるようになります。オープンガーデンは、子どもがある程度成長しているご家庭におすすめです。

 

ガーデニング・庭いじりが好き

オープンガーデンにすれば、良くも悪くも庭が丸見えになります。「綺麗に手入れした庭を見てもらいたい!」という方にとっては、最高の条件となるでしょう。塀やフェンスでスペースが制限されない分、自由な発想でガーデニングを楽しめます。

 

建物自体のデザインを魅せたい

建物そのもののデザインにこだわった場合、オープンガーデンにすることでよりその魅力を際立たせられます。本来は建物を豪華に見せるのが外構の役割でもありますが、オープンガーデンに関しては建物を主役にできる外構です。建物の外観の美しさをアピールしたいなら、オープンガーデンが最適です。

 

敷地内に効率よく出入りしたい

門やフェンスがないオープンガーデンは、車の出し入れが非常に簡単です。駐車スペースを最大限広くとれるのも、運転に苦手意識のある方には嬉しいポイント!徒歩の場合も、玄関の扉を開けたらすぐに出かけられるので便利です。些細なことではありますが、外構ひとつで暮らしの効率は変わります。

 

将来的にリフォームをしたい

「いずれリフォームするかもしれない」「クローズドガーデンにも魅力を感じるが決めきれない」という場合、オープンガーデンにしておくことをおすすめします。

囲いの建材を取り壊す作業がなく、エクステリアの追加も簡単で工事がスムーズに進みます。あとから変更が効きやすい外構といえるでしょう。

 

オープンガーデンの魅力を引き出す外構アイデア

魅力的なオープン外構ですが、殺風景になることを心配される方もいます。装飾が少ないからこそデザインが難しいオープンガーデンを、華やかに魅せられる外構アイデアをご紹介します。

 

アプローチや駐車場のデザインを工夫する

建物に入る時に最初に目にするのは、住まいへの導入部分の役割を果たすアプローチです。また、面積が広い駐車場も目にとまります。アプローチや駐車場などの地面をおしゃれにすることで第一印象がぐっと高まります。

近年は、コンクリートを用いて自然素材を再現する「スタンプコンクリート」という施工が人気です。自由自在なデザインが可能でお手入れが楽なのが人気の理由。作り込んだ庭がなくても、こだわりを持って建築した印象を与えられます。

 

アクセントになるエクステリアを設置する

オープンガーデンの外構にする際は、ひとつひとつのエクステリア選びに凝ってみましょう。使用するアイテムが少ないからこそ、個々の魅力が引き立つのです。ポスト、宅配ボックス、表札、門柱など、最近はデザイン性が高いエクステリアが多くあります。

 

植栽や花壇を設置する

植栽や花壇を設置すれば、オープンガーデンでも寂しい雰囲気になることはありません。ガーデニングが栄えるのは、オープンガーデンならでは。シンボルツリーを取り入れるご家庭も多いです。人工的な印象になりがちなクローズド外構と比べて、ナチュラルな雰囲気が漂うでしょう。

 

満足のいくオープンガーデン外構にするために

オープンガーデンは多くのメリットがあり、人気が高い外構です。しかし、デメリットがないわけではありません。勢いで外構工事をすると「外観がシンプルすぎた」「人の視線が気になる」など後悔してしまうことも…。

 
満足のいくオープンガーデンにするためには、丁寧にヒアリング・アドバイスしてくれる業者を選ぶことが重要です。使い勝手の悪さやメンテンナンスの大変さなど、お客さまにとって不利なこともきちんとお伝えするのが、信頼できる業者です。

 
吉村建設は、お客さまが無理なく心地よく住み続けるためのお手伝いをします。外構を素敵に仕上げるのはもちろんですが、実際に暮らした時の快適さまで追求するのが私達の仕事です。また当社は、工事技術だけでなく、デザイン力にも定評があります。駐車場やアプローチなど装飾的なスタンプコンクリート施工を得意としております。殺風景になりがちなオープンガーデンだからこそ、限られた部分のデザインをどうするかが大切なのです。オープン外構をお考えの方は、機能性とデザイン性の両立を目指す吉村建設にお任せください。