セミクローズドガーデンにしかない魅力とは?暮らしへの取り入れ方をご紹介

クローズでもオープンでもない外構スタイル「セミクローズドガーデン」には、独自の魅力が満載。細かい部分にまでこだわることができ、理想の家を作れると話題です。この記事では、セミクローズドガーデンがほかの外構とどう違うのか、またどのような取り入れ方ができるのかご紹介します。

セミクローズドガーデンとは

外構スタイルを大きく2つに分類すると、クローズドガーデンとオープンガーデンにわけられます。塀やフェンスで敷地の外周をぐるっと囲み、外部からの視線を遮るのがクローズドガーデン。一方で囲いを取り払い、開放的な雰囲気を楽しむのがオープンガーデンです。

 

そして、両者の中間に位置するのがセミクローズドガーデンになります。「セミ(semi)」は、半分・半ば・やや、などの意味を持ち「半分閉じられた外構」と直訳するとイメージが湧きやすいのではないでしょうか。

 

クローズドガーデンのようにすべて隠すのではなく、敷地の一部のみを閉じそのほかはオープンにします。開放感を味わいながらもプライバシーは守れる、まさに‟いいとこどり“の外構タイプです。地域の方々と親しくお付き合いしつつ、程良い距離感を保つ日本人の性質に適しています。

 

開放的・閉鎖的、どちらかにかたよることなく自由な発想でデザインできるのも人気の理由です。家の外観に強いこだわりがある方はもちろん、理想の外構が定まらない方にも採用されています。クローズドとオープンの良さを併せ持っているため、どちらのメリットも享受できるのです。

 

どこを隠してどこを隠さないのか、希望はそれぞれ異なります。家族の数だけ正解があり、最終的な仕上がりにも大きく差が出るため、さまざまなデザインを参考にして理想をイメージしていくとよいでしょう。

セミクローズドガーデンにしかない魅力とは?暮らしへの取り入れ方

セミクローズドガーデンの特徴

クローズドでもオープンでもないセミクローズドガーデンですが、具体的にどのような点が異なっているのでしょうか。セミクローズドガーデンならではのよさを解説します。

 

隠す場所・見せる場所をわけられる

セミクローズドガーデンは、都合に合わせて隠す場所と見せる場所を分けられるので、様々な使い方・楽しみ方ができるのが特徴です。

 

「部屋ではくつろぎたいけれど、庭では自然とのつながりを感じたい」という方は、リビングの窓がある箇所には目隠しをして、庭はオープンにすることができます。

「ペットが道路に飛び出すのが心配だけど、敷地に余裕がなくてクローズド外構にはできない」という場合は、玄関部分のみ囲いを設けることも可能です。

 

お客様の事情に合わせて、閉じる部分と開放する部分を選択できるのは大きなメリットといえます。

 

外部とのつながりを感じつつ開放感も得られる

クローズドガーデンは高級感や重厚感がありますが、周囲に閉鎖的な印象を与えてしまう心配もあります。住む人の様子が外からは全く見えないため「どんな人達が暮らしているのだろう」「何となく話しかけづらい」と思われる可能性も否定できません。

 

セミクローズドガーデンであれば、隠すところは隠しつつオープンな印象も与えられます。道行く人がいれば挨拶したり、立ち止まってお喋りに花を咲かせたりもできるでしょう。一部分でも開放的になっていれば、親しみやすさを演出できるのです。

 

お住まいの地域にオープンガーデンの住宅が多い場合、完全クローズドな家は浮いてしまうかもしれません。しかしセミクローズドガーデンなら、街並みに違和感なく調和します。

 

ほどよい防犯性を備えている

セミクローズドガーデンは防犯面においても優秀です。不審者は塀やフェンスで囲われている部分には侵入が難しく、ひらけている部分は隠れづらいです。

クローズドガーデンの場合は死角が多くて隠れやすく、オープンガーデンの場合はいとも簡単に侵入できてしまうのが難点です。

 

セミクローズドガーデンはこのデメリットを見事に回避し、物理的な侵入が難しいクローズドガーデン、心理的に侵入しづらいオープンガーデン、両方の防犯性を兼ね備えています。

 

コストパフォーマンスが高い

クローズドガーデンはエクステリアを多く使用する分、費用が高くなる傾向にあります。一方オープンガーデンはクローズドガーデンより費用は抑えられますが、工事内容によっては殺風景な印象になってしまうことがあります。

 

セミクローズドガーデンの工事費は、クローズド外構ほど高額にはなりません。それでいて家全体の完成度を高めることができます。費用と満足度のバランスが良く、コストパフォーマンスの高さを実感できる外構です。

 

セミクローズドガーデンを取り入れた外構アイデア

セミクローズドガーデンは、個々のニーズや好みによって仕上がりに大きな差が出る外構です。さまざまなデザインがあるため、クローズドガーデンやオープンガーデンよりも完成イメージを描くことが難しいかもしれません。

 

セミクローズドガーデンの外構アイデアをいくつかご紹介しますので、ご自身のライフスタイルに合った取り入れ方を見つけてくださいね。

 

駐車スペースはオープンに、庭はクローズに

よくある方法のひとつは、駐車スペースはオープンにして、庭には囲いを設けるというものです。車の出入りがスムーズで、ストレスなく駐車できます。庭は外部から見えず、気兼ねなくくつろいだり洗濯物を干したりできるでしょう。

 

プライバシーを守りつつも効率よく生活できると人気が高い設計です。特に小さなお子様やペットがいるご家庭におすすめです。

 

庭はオープンに、駐車スペースはクローズに

車を大切にされている方は、愛車が道路にむき出しになっていることに抵抗があるでしょう。カーポートで雨雪は防げても、通行人から車を傷つけられたり、野良猫や子どもにイタズラされたりなど不安は尽きません。

 

クローズドガーデンにすれば解決する問題ですが、敷地や予算の関係でできない場合もあります。家族が開放的な雰囲気を望む場合もあるでしょう。セミクローズドガーデンなら、駐車スペースにシャッターを設置したり囲いを設けたりして車を守り、庭はオープンにして明るい雰囲気にするといったことが可能です。

 

家族のなかで意見がわかれても、それぞれの意見を取り入れられるのがセミクローズドガーデンのメリットです。

ウッドデッキのみクローズにする

ウッドデッキは、家族や友人とバーベキューをしたり、洗濯物を干したりなどプライベート感のある場所です。庭というより、室内の延長と捉えている方も少なくないでしょう。ウッドデッキの周りを塀やフェンスで目隠しすれば、外部からの視線を気にせず過ごせます。

 

そのほかの部分はオープンにすることで、敷地も広く感じ見た目も好印象です。

 

こだわりの門柱を取り付ける

セミクローズドガーデンを作る際、ぜひ取り入れて頂きたいのが大きめの「門柱」です。玄関先に設置するだけで家の印象がアップするのはもちろん、玄関の目隠しや敷地の境目を示す役割も果たしてくれます。

 

スペース全体を囲むわけではないので、オープン外構に近い開放感を得られます。「オープン外構を希望しているけれど、手抜き感が出てしまうのは避けたい」という方にぴったりの外構アイデアです。

 

最近はさまざまな素材の高級感溢れる門柱や、ポストや表札などが取り付けられた機能門柱も多く出ています。セミクローズドガーデンはクローズ外構ほどコストがかからないため、家の顔となる門柱に費用をかけるのも賢い選択です。

 

建材ではなく植栽で目隠しをつくる

セミクローズドガーデンの目隠しとなる部分は、木材や石材、コンクリートなどの建材を使うのが一般的ですが、植栽で目隠しを作るのも可能です。隠したい部分に背の高い植栽を並べることで、光や風を遮り過ぎない囲いが完成します。

 

建材を使うと堅牢な印象になりますが、植栽ならナチュラルな雰囲気が漂います。リゾート感のある建物、軽やかなアメリカンテイストの建物などにぴったりです。もちろん、スタイリッシュな家に抜け感をプラスする効果もあります。家のなかから常に自然を目にしていたい方にもおすすめです。

 

背の低いエクステリアで囲う

開放的な雰囲気は捨てがたいけれど、敷地を明確にわけたい方には、高さのないエクステリアでセミクローズドガーデンを作る外構はいかがでしょうか。人の目線よりも低い囲いなら、視線は遮らないものの敷地内への安易な侵入を防げます。道行く方との会話を楽しみながらも、一線を引くことができるでしょう。防犯にも効果的とされています。

デザインによっては、子どもやペットの飛び出し防止にも一役買ってくれます。

 

理想のセミクローズドガーデンをデザインするために

オープンガーデンとクローズドガーデンのいいとこどりができるセミクローズドガーデンですが、中途半端になりがちといった課題もあります。思ったより開放感やセキュリティを得られず、装飾で費用だけ高くなるといったさまざまな問題が発生します。
セミクローズドガーデンは、自由度が高いからこそ難しいのです。失敗を防ぐには、ご家族のニーズをしっかりヒアリングした上で、生活状況に合わせた提案をしてくれる業者に任せることが大切です。

 

香川県高松市や丸亀市の施工実績が多い吉村建設は、これまでさまざまなセミクローズドガーデンの施工に携わってまいりました。豊富な実績と、型にはまらない柔軟な提案で、お客様の理想を超えた住まいをお手伝いします。

 

セミクローズドガーデンの設計に関してご要望がある方も、または何も思い浮かばない方も、ぜひ1度ご相談下さい。

 
お問い合わせバナー