丸亀市の住まいのデザインを高める外構工事とは

外構は、住む人のこだわりやデザインセンスが表れる大事な部分です。家の周りをフェンスで囲わないので、外から家や庭が見渡せるオープンガーデンや、セミオープンガーデンが増えているため、外構にはこだわりたいものです。この記事では、自然豊かな丸亀市の住まいを外構工事する際のポイントをご紹介します。

 

安心して暮らすために欠かせない外構

庭やフェンス、玄関アプローチ、テラスといった、建物の外側を取り巻く部分を『外構』と呼びます。外構は家の印象を決めるだけでなく、「敷地の境界を明確にする」「建物の外観の見栄えをよくする」「地域の景観を高める」「防犯性を向上させる」といった効果や機能を持ち合わせています。

外構は、安全で快適な住まいをつくるうえで、大切な役割を担っているのです。

 

外構のデザイン性を高める6つの方法

外構のデザイン性を高めて、丸亀市の住まいの外観をより魅力的に見せる方法を6つご紹介します。家の雰囲気をおしゃれにしたい、オリジナリティのある外構にしたいという方は、ぜひ参考にしてください。

 

家と外構のイメージを統一する

家と外構のどちらもこだわってデザインしているけど、互いのテイストがかみ合っていない場合や、全体的なバランスが悪ければ、違和感のある印象を与えてしまいます。たとえば、和風の建物には純和風庭園や和モダンのアプローチ、ヨーロッパ調の建物には石畳というように、家と外構のイメージを揃えることが、センスよく外構を仕上げる基本です。

 

玄関アプローチは動線を工夫する

道路から玄関までの動線を、緩いカーブやジグザグにして動きを付けると、視覚的に距離が長く感じられ、奥行き感のあるアプローチになります。また、玄関ドアを開けたときに家のなかが丸見えになりません。

直線ではアプローチが短くなる家でも、動線に変化を持たせることで敷地がより広く見えようになります。ただし、死角ができるほど植栽が多くなったり、動線が複雑になったりすると、侵入者が隠れやすくなるため注意しましょう。

 

高低差をつけて動きを出す

外構を構成する要素は同じ高さで揃えないのがポイントです。低い花壇、高い樹木、その中間の高さの門扉やフェンスというように変化をつけると立体的に仕上がり、実際よりも奥行きが感じられるようになります。外からの見え方を考えて、バランスよく高低差をつけましょう。

 

生活感はさり気なく隠す

外構の印象を高めるには、生活感が出るものをさり気なく隠せるようにデザインすることが大切です。洗濯物が直接見えたり、ゴミ箱や掃除用具、自転車などが乱雑に置かれたりしていると、雑多な印象を与えてしまいます。

外構を計画する際は、あらかじめ物の置き場所を細かく決めて、フェンスや植栽などでさり気なく隠れるようにしましょう。それぞれの場所を決めておくことで、いつでもスッキリと片付いて見えるようになり、使い勝手も向上します。

 

植栽で温かみを添える

建物のまわりに樹木や色とりどりの草花が植えられていると、家の雰囲気が和らぎ、快適な空間に見えます。一方、植栽がない家は味気ない印象を与えてしまうものです。

植栽を取り入れたいけれど手入れが面倒という場合には、樹木を1本植えることをおすすめします。外観のアクセントになって家の見栄えがよくなり、種類によっては綺麗な花が咲いたり紅葉したりと、季節を感じることができるので、暮らしの楽しみが増えますよ。

 

素材にこだわる

外構にどのような素材を使用するかで、家の印象は変わります。木材や天然石、漆喰といった自然素材を使うと温かみのある空間に、タイルやコンクリートを使うとスタイリッシュな印象に仕上がります。

ただし、自然素材を多く使うと、その分費用が重なるのが難点です。そこで、最近人気が高まっているのが天然素材をリアルに表現できるスタンプコンクリートです。低価格でありながら上質感のある外構づくりを実現でき、デザインの種類も豊富にあります。

 

丸亀市で外構を成功させる3つのポイント

丸亀市で理想の外構づくりをするために、押さえておきたい大事なポイントを3つご紹介します。

 

外構デザインに強い業者を選ぶ

外構工事業者は数多くありますが、業者によって施工技術は異なります。なかには外構工事の実績が少なく、品質に問題がある業者も存在しています。

そのため、外構を依頼する際は、技術面の確認に加えてデザイン力や提案力がどの程度あるかをチェックしましょう。これまでの施工実例を見ながら気になるポイントを聞くことで、その業者の知識やセンスを把握できるでしょう。

 

外構の要望をしっかり伝える

業者と打ち合わせをする際、「ヨーロッパのような雰囲気をつくりたい」「子どもが遊べるスペースが欲しい」「屋外でゆっくりくつろぎたい」というように、つくりたい雰囲気や欲しい物を業者の担当者にしっかり伝えましょう。

話をきちんと聞いて、よりよい提案をしてくれる業者に依頼することが、満足度の高い外構に仕上がる重要なポイントです。お客様の要望を汲み取るのが苦手な業者の場合、最適なプランを提案してもらえない可能があります。

 

丸亀市近くの外構工事業者に依頼する

丸亀市にお住まいの場合は、同じ市内や高松市など、できるだけ近くの外構工事業者に依頼するのがおすすめです。デザイン力があり、地元の景観や雰囲気を熟知している業者であれば、家と周辺環境の両方に合う外構デザインを提案してくれます。

また、外構工事終了後のアフターフォローなどもスピーディーに対応してもらえるので、いざというときにも安心です。

 

おしゃれな外構デザインの実例

吉村建設が手掛けた、おしゃれな外構の実例をご紹介します。ぜひ外構デザインの参考にしてくださいね。

 

実例1:ヨーロッパの小道のようなアプローチ

まるで本物の石畳のような雰囲気が素敵なアプローチの実例です。フレンチグラニットというデザインのスタンプコンクリートで、趣のある小道を演出しました。

まざまな色合いの石が美しく表現されています。アプローチに広さがない場合でも、このようにカーブをつけてデザインし、周囲に芝生や植栽を植えることで、ヨーロッパの風景を感じさせる外構に仕上がります。

 

丸亀市の住まいのデザインを高める外構工事とは

 

実例2:植栽と調和させて豊かな屋外空間に

雑草が生えないように、庭の通路をスタンプコンクリートでデザインした実例です。既存の石やレンガに合わせて、スタンプコンクリートの色をセレクトしています。周囲の植栽に馴染む、素敵な屋外空間を演出しています。

 

丸亀市の住まいのデザインを高める外構工事とは

 

実例3:外灯をより印象的に演出

外灯の足元に、スタンプコンクリートでコンパスを描いた実例です。このようなアート性のあるデザインもスタンプコンクリートの得意分野です。庭のシンボルのような場所が生まれて、ほっと一息つける空間になりました。

 

丸亀市の住まいのデザインを高める外構工事とは

 

外構デザインにこだわり丸亀市の家をより住みやすく

香川県高松市や丸亀市で外構工事を多く手掛けている吉村建設は、上質でアート性の高いスタンプコンクリートを使ったデザインを得意としています。丸亀市の住まいをもっとおしゃれにしたい、外構をデザインにこだわりたいとお考えの方は、ぜひご相談ください。

 

お問合せバナー