開放的で心地よいオープンガーデンのメリット・デメリット

敷地や隣家との境界にフェンスや門扉などを設けず、明るく開放的な外構空間をデザインできるオープンガーデン。欧米の郊外型住宅でよく見られる外構スタイルで、近年日本でも人気が高まっています。この記事では、オープンガーデンを住まいに取り入れるメリット・デメリット、快適なオープンガーデンつくるポイントをご紹介します。

開放的で心地よいオープンガーデンのメリット・デメリットイラスト

オープンガーデンとは

オープンガーデンとは、名前の通り開放的な外構スタイルで、敷地のまわりに高いフェンスなどを設けません。視界を遮るものがないため外部から家全体を見渡せます。門柱や高さが低めの植栽を配置したり、シンボルツリーをアクセントに添えたりすることがあります。

オープンガーデン写真

オープンガーデンのメリットとは

オープンガーデンには、主に6つのメリットがあります。それぞれ詳しく解説するので、ぜひ外構デザインのヒントにお役立てください。

 

圧倒的な開放感

フェンスや塀をつくらないオープンガーデンは、さまざまな外構スタイルのなかで最も敷地を広く見せる効果があります。敷地面積が限られている場合、無理して家のまわりに囲いをつくると、狭さがより強調されて圧迫感を与えてしまうことがありますが、オープンガーデンを取り入れることで視覚的な広がりが生まれます。草花や木を植えて自然な雰囲気を高めれば、リラックス感が高まって快適性もアップ。近隣や通りを歩く人の目を楽しませることもできて、地域の景観にも貢献できるでしょう。

 

日当たりや風通しがよい

家のまわりに高い塀や生垣などの囲いをつくらないオープンガーデンは、庭に日差しを多く取り入れられ、風通しもよくなるのがメリットです。植物が育ちやすい環境ができるため、ガーデニングや家庭菜園が好きなご家庭には最適です。

 

死角がないため不審者が隠れにくい

空き巣は周囲から気づかれないように、塀や植栽などの死角に身を隠しながら鍵をこじ開けたり窓ガラスを割ったりして家のなかへ侵入しようとします。しかし、オープンガーデンでは隠れるところがほとんどなく、近隣からの目もあるため不審な行動を取りづらくなります。オープンガーデンは家が丸見えになるため、不審者が簡単に入り込めるようなイメージがありますが、実は防犯性を高めるメリットがあるとされています。

 

近隣との交流が深まる

外部との境界をつくらないことで、玄関先や庭先でご近所の方とコミュニケーションをとりやすくなります。ガーデニングや家庭菜園をしていると、近隣の人たちと顔を合わせる機会が増えて自然に交流が深まるでしょう。日頃から気兼ねなく挨拶できる関係をつくり、地域とのつながりを深めておくことは、防犯対策としても有効です。

 

外構工事費用を抑えられる

オープンガーデンは門扉やフェンスなどを設置しないため、外構工事にかかる費用を抑えられます。門壁が汚れて洗浄や塗り替えが必要になることもないため、その分のメンテナンス費用も抑えられるのが大きなメリットです。ただし、植栽を増やして業者に剪定を依頼する場合は、定期的に維持管理費用がかかることを頭に入れておきましょう。

 

ライフスタイルに合わせて外構リフォームをしやすい

屋外空間に外構アイテムが少ないオープンガーデンは、既存の構造物を壊す手間や費用の負担が少なく、必要に応じて外構リフォームしやすいというメリットがあります。門扉を追加したりカーポートを撤去してテラスにしたりというように、子どもの成長やライフスタイルに合わせた空間づくりがしやすいのです。

マイホームを新築したけれど外構にまわす予算がない場合には、とりあえずは何も設置しないオープンガーデンを選び、後からフェンスや植栽などで目隠しをするのもひとつの方法です。

 

オープンガーデンのデメリットと対処法とは

オープンガーデンは開放的な住まいづくりができる一方で、デメリットも少なからずあります。ここでは、オープンガーデンを取り入れる3つデメリットと対処法をご紹介します。

 

プライバシーを確保しづらい

オープンガーデンのデメリットとしてあげられるのは、プライバシーの確保が難しくなることです。例えば、大きな掃き出し窓がある場合、カーテンを閉めないと室内が丸見えになります。外部に対してオープンなつくりをしていることで、浴室やトイレが覗かれるという心配もあります。庭に干してある洗濯物も見えてしまうため、落ち着いて生活できなくなるでしょう。

ここだけは隠したいという部分には、フェンスや植栽で目隠しをしたり、窓を高めの位置に設けたり、外から見えないような場所に浴室やトイレを配置したりというような対策が必要です。また、オープンガーデンの家は、在宅しているのか留守なのかがわかりやすいため、照明を活用して空き巣対策するのも効果的です。必要な対策をしっかり講じることで、開放感とプライバシー性のどちらも高めた空間に仕上がり、安心して暮らしやすい住まいになります。

 

容易に敷地内に侵入できる

敷地の境界線がわかりづらいオープンガーデンは、近所の子どもが敷地内に入ってきたり、見知らぬ人が意図せず侵入してきたりする可能性が高まるのがデメリットです。ゴミを捨てられる、動物の糞が落ちている、植栽を荒らされる、車にいたずらされるといったケースも。さらに角地の場合には、車や自転車が曲がる際に頻繁に敷地に入られてしまう恐れもあります。

家の安全性を高めるには、玄関の扉の鍵を2重にする、道路に近い部分に門柱を設置する、敷地の境界に低い草木を植える、防犯カメラやセンサーライトを設置するといった方法があります。敷地や周辺環境に合わせてセキュリティーを高め、デメリットのない家を目指しましょう。

 

子どもやペットが道路へ飛び出しやすい

フェンスや門扉がないと、小さな子どもやペットが道路へ飛び出しやすくなるというデメリットを生じます。そのため、ひとりで子どもが家の外に出ないように気を配る、ドアを開ける際にペットが出ないように注意するといった対応が必要です。子どもが庭で安全に遊べるようにするには、敷地の外へ直接出られる場所をつくらないように低い植栽などで囲い、門扉も設置しましょう。

 

オープンガーデンの取り入れ方のポイント

オープンガーデンは外からの視線を遮るものが少ないため、プライバシーや防犯性に配慮せずに計画すると暮らしにくいと感じてしまいます。外からの見え方に注意しながら窓の位置や大きさを決める、部分的に植栽やフェンスで目隠しをするというように工夫すれば、開放的なオープンガーデンのメリットを活かしながら快適性も向上できます。

また、敷地と道路の境界線に花壇や芝生、タイルやスタンプコンクリートなどで視覚的な境界線をつくることも大切です。そうすることで暮らしやすい家になり、近隣や道行く人にも外構空間を楽しんでもらえるおしゃれな家に仕上がるでしょう。

 

オープンガーデンづくりはプロに依頼して快適な外構空間に

オープンガーデンは、開放的な空間づくりができる魅力的な外構スタイルですが、デメリットになりやすいプライバシーや防犯性に配慮しながら開放感を保つ必要があるため、デザインは簡単ではありません。

オープンガーデンのメリットを最大限に活かし、それぞれの家の雰囲気やライフスタイルに合うような外構をつくるには、多くの経験や高いデザイン力、技術力が必要です。吉村建設はオープンガーデンの施工経験が豊富にあるため、お客さまの外構スペースに適したプランをご提案できます。オープンガーデンをお考えの方、外構デザインにお悩みの方は、ぜひお気軽に相談ください!

 

お問い合わせバナー